健康作りは歩くことから

人生を半世紀近くも生きてくると、当たり前のことなのですが確実に体力は落ちてきます。そこで、この体力を20代の頃に戻すのは無理としても、せめて今の年齢の体力をこの先10年くらいは現状維持していきたいと思うようになりました。

そこで、運動をと考えが至るのですが、ジョギングや筋力トレーニングは苦しそうで途中で投げ出しそうな予感がします。気軽にいつでもできそうな運動はと熟考したところウオーキングをしようと思い立ちました。

歩くといっても、ただダラダラ歩くのでは運動にはならないのは周知の事実ですので、どうゆう歩き方が健康維持に有効かインターネットで調べてみました。調べながら、ホームウエアーの延長にあるようなジャージではなく、お洒落なウオーキング用のウエアとシューズもほしくなってしまいました。何事も形から決めていけば、長続きするような気がしたのです。

当初ウオーキングは足だけで歩くものかと思っていましたが、身体全体でフォームを作ることを学びました。すなわち全身運動にしなくてはいけないのです。姿勢は頭の先から足首までまっすぐな棒になったような気持ちで歩くように心がけています。

前のめりになるとか、腰がひけた状態で歩くと身体のどこかに負担がかかることは実地で学びました。足や腰が痛いときに無理をしてウオーキングをすると余計に痛みが増したこともあり、無理をしないことも大切です。

そしてウオーキングであらためて感動したことは、日本の四季の移り変わりを五感で感じることができたことです。わたしの場合は自宅から2kmくらいの所にある大きな公園まで行き、公園を周回して帰宅するのがウオーキングのルートです。

公園内の樹木や草花はもちろんのこと、ルート途上にある家々の庭に咲く四季の花々を楽しみ、ある家の出窓にはいつも猫が座っていてご挨拶をして、などと健康増進と感性の琴線に触れる日々も楽しめるようになりました。

私流の青汁の飲み方を紹介します

野菜好きなんですけど、普段の生活で食べる量が少ないのが悩みなんです。お昼はなるべくなら、 自分で作ったお弁当を持参したいんですけど、昼間は外出予定も多く、お弁当もっていけない日も多いんです。 なるべく野菜ジュースを飲んだり、野菜の多いメニューを頼んだりと工夫はしていますが、運動不足もあるのか、 なかなか便秘解消とまでは、いかないんですよね。

学生の頃は、基本的に3食自炊だったのと、サークルなんかで運動もしていたから便秘症ではなかったんですけどね。 社会人になって、外食が多くなって、ほとんど運動をしない生活になったのが原因なのはわかっているんです。

そんな時に、人に勧められたのが青汁。駅のジューススタンドで、飲みました。びっくりしました。 美味しかったんです。それまでは青汁って苦いとかって話を聞いていたので、避けていたんです。

それからはこちらのサイト(http://www.aojirurank.net/)などを参考にして、数件の通信販売の青汁のサンプルを取り寄せて飲んでみました。思っていたほどではないけど、 やっぱり味は、あのジューススタンドのものとは違いました。 そこから、通販のサイトの飲み方紹介のようなページを見て、自分で工夫をすることを考えました。 簡単なのは、フルーツジュースやヨーグルトドリンクと混ぜて飲むことですよね。 なので、朝の時間がない時などは、ジュースなどに混ぜて飲んだりしています。

休日などには、青汁を使ってスープにしてみたり、餃子の皮やうどんなどに練りこんで作ってみたり、 はたまたシフォンケーキなどに入れ込んでみたり工夫しています。 まだまだ他にもアレンジ方法があるのかなと、考えている毎日です。

リーガルハイはコミカルでおもしろい

わたしは普段はあまりテレビやドラマを見ない方なのですが、自分の好きな俳優が出ている時は必ず見るようにしています。今、リーガルハイというドラマがやっています。わたしはもしこれがわたしの好きな俳優が出ていなかったとしたら見ていなかったかもしれません。しかし、このドラマにはここ5年間ずっと好きだった俳優さんが出ているのです。その俳優さんとは堺雅人です。

実は大河ドラマの「篤姫」で篤姫の夫である将軍家定を演じていたのですが、そのころからのファンです。くせのある役どころが多いのですが、シリアスにも柔らかにも演じられるとても幅の広い俳優さんで、特に目で演じるように思います。夏のクールですごい視聴率になった「半沢直樹」ではシリアスな役を演じましたが、それも素晴らしかったと思います。

そんな堺雅人が出ている「リーガルハイ」は、思っていた以上におもしろいのです。弁護士という仕事の役柄ではありますが、コミカルな動きや表情、セリフの言い回し、すべてが古美門になっているのです。

今回のリーガルハイは、クールを通して、小雪演じる死刑囚の弁護のために準備することと、毎回違った裁判を担当することが合わさっています。その中で、新垣結衣演じる黛弁護士とのやりとりや、毎回出てくるゲスト出演の人たちとの絡みがとてもおもしろいドラマとなっています。

リーガルハイに出てくるようなあんなおもしろい弁護士を演じられるのは、もはや堺雅人しかいないと思いますが、やはりキャストの選び方が今回本当にうまいなと思いました。リーガルハイは、毎回完結するドラマなので途中から見ても楽しめると思います。"

保育園が最初の記憶

一番古い記憶としては、保育園に行きたくないので泣いて、家族みんなになだめられて連れていかれて、保育園についてからもずっと泣いていたような所から何となく記憶があります。

保育園以前の事は写真で見ても、何一つ記憶に無いですね。家にピアノがあって母が引いていたような耳の記憶だけは何となくあるかもという程度で誰かと関わったとか全く知らないです。

家族に聞くと、そんな時期でも、特定の人には懐いて近づいて行って喜んでいたそうなので、人の区別はついているんでしょうか?私は全く解りませんでした。ちゃんと会話もやっていたそうですし、好きな人が来る時間を見計らって特定の場所にも居たそうですし、それだけ行動取っているにも関わらず何も覚えてなくて。

とにかく家から出て保育園に行くのが嫌だ!という部分から人生が始まっているような感じです。そのあたりからは断片的に記憶があり、幼稚園に行く頃の事はもうハッキリと覚えてます。人の好き嫌い、食べ物の好みなんかも明確だし、犬が怖かったとか、かなり認識出来てます、あと幼稚園位になると、都合の悪い事があれば嘘もつく知恵も働きました。

とにかく3.4歳辺りの保育園が人生で一番古い記憶です。

3歳の子供がいますが、子供服はヤフオクを活用して手に入れています。私は子供服にはなるべくお金をかけずに教育費にかけてあげようと思っていたので、出産後ヤフオクをよくチェックするようになりました。

まずはベビー用のロンパースを何枚か買ってみました。1枚100円から200円程度と激安でしたが、使用期間が短いためか、毛羽立ちなどもなく奇麗な状態の服が届きました。1人目の子供に1シーズン着せましたが、2人目の子供にも使えそうです。

その後はお出かけ用の上着や、スカート、ワンピースなど何枚も購入しています。特にお勧めなのは、ダウンや、お出かけ用の服など元々の単価が高い服です。新品にこだわらなければ、よいものがかなり安く手に入ります。出品者によって商品の状態は様々ですが、宝探し感覚で購入しています。

古着が嫌ならば、新品を出品している人から購入することもでき、市場価格より安く出品されていることも多いです。ブランド服などは定価よりずっと安く手に入りますし、子供に着せた後にまたオークションに出せば売れそうなものも多いです。

我が家の子供服がサイズアウトした後は、オークションに出品者として参加してみたいと思っています。

→ヤフオクのキッズ、ベビーファッションのカテゴリ